通勤快読ブックレビュー

電車の中は誰にも邪魔をされない私だけの図書館。何かいい本はないかとお探しのあなたのために。

エチュード 【今野敏】 (2010)

【あらすじ】

渋谷、新宿で発生した連続通り魔殺人事件。なぜか誤認逮捕が繰り返される事態について、警視庁より送り込まれた心理調査官・藤森紗英は、巧妙な「犯人すり替え」トリックが潜んでいることを指摘する。警部補・碓氷弘一は、藤森紗英とともに捜査を行うが、真犯人を探し出して新たな犯行を食い止めることができるのか・・・?

【感想など】

今野敏氏の警部補・碓氷弘一を主人公とした作品はシリーズもの(この作品が第四作)になっているのですが、常に普通とは言えない事件が発生していて、碓氷は毎回違った専門家とコンビを組まされて、事件解決に挑んでいきます。

この作品では、渋谷、新宿で連続通り魔事件が発生するのですが、どちらの事件も、「こいつが犯人だ!」という声を聞いて警察官が犯人を取り押さえるものの、犯人は犯行を全否定、じゃあ、誰が「こいつが犯人だ!」と言ったんだ?というと、誰もその人相、風体を覚えていない・・・という奇妙な事態が起こります。そんな状況を打破すべく、警視庁から心理調査官・藤森が参上し、事件の状況から犯人の心理を分析し、どのようなトリックで「犯人すり替え」が行われたのか、次にまた事件は起こるのか、犯行の動機は何なのか・・・などの問題をひとつずつ解明して行き、真犯人に迫る、というストーリーになっています。

この「犯人すり替え」のトリックは非常に面白いですね。現実的にそんな犯行が可能なのか、というと、ちょっと疑問符がつきますが、物語としては非常に面白い設定だと思います。

心理調査官・藤森のキャラクター設定もよく考えられています。自信満々というタイプではなく、常に「これでいいのだろうか」と疑問を持ちながらも、警部補・碓氷に支えられながら、理詰めで犯人像を絞り込んでいくあたりは、なかなか読み応えがあります。

途中、藤森と真犯人(とは気づいていなかったが)が対峙するシーンがあるのですが、この作品のクライマックスと呼んでもいいかもしれない、超重要シーンです。藤森の、真犯人であるかないかの手がかりを少しでも引き出そうとする問いかけに対して、警察に挑み、常に警察の先を行こうとする犯人が周到に計算された答えを返す、という、水面下での心理戦が緊迫感イッパイでドキドキしてしまいます。

中だるみもなく、飽きずに一気に読み進めることができる、良質の警察小説だと思います。

【評価】

★★★★✩

【映像化】

警部補・碓氷と心理調査官・藤森は誰がいいかなーとか思っていたら、つい先日(4/9)、2時間ドラマで放映されていたようですね。見逃してしまった・・・

その時の配役は、警部補・碓氷=ユースケ・サンタマリアさん、心理調査官・藤森=相武紗季さんでした。

私が考えていた配役は、碓氷=伊原剛志さん、藤森=吉岡里帆さんでした。

皆さんのイメージでは、どちらでしょうか?

 


プライバシー・ポリシー
[当サイトへのコメントについて]
当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレを記録しています。これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。 また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっています。 全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことを、あらかじめご了承ください。 加えて、次に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除することがあります。
・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
・極度にわいせつな内容を含むもの。
・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。